〜エンディングノートを開く前に〜

人生会議 医療と介護の架け橋

お問合せはこちら

もしバナゲーム

お知らせ

「もしもの時の話し合い〜人生会議〜」をさくらサロンにてお話しをさせていただきました。

 

もしもの時は突然やって来る!それは自分だけでなく、家族にとっても同じ瞬間に降って来る。

 

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。命の危険が迫った状態になると、
約70%の方が医療・ケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることが出来なくなると言われています。

自らが希望する医療・ケアを受けるために、
大切にしていることや望んでいること、どこで、どのような医療・ケアを望むかを
自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人たちと話し合い、共有することが重要です。

自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、前もって考え、
医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い共有する取組を「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と呼びます。「厚生労働省ホームページより抜粋」

 

あなたの生きがいはなんですか?

あなたが大切にしている事はなんですか?

あなたの身近に相談にのってくれる人はいますか?

 

もしバナゲームが皆さんそれぞれの人生会議に役立つ事ができればと思います。

「あなたがあなたであるから重要であり、あなたの人生の最後の時まで重要です。

私達はあなたが平安のうちに死ぬことができるだけでなく、最後まで生きることができるように、できる限りのことをさせていただきます。」〜シシリー・ソンダース〜

 

タイトルとURLをコピーしました