〜エンディングノートを開く前に〜

人生会議 医療と介護の架け橋

お問合せはこちら

孤独と孤立

お知らせ

「ひとり暮らし2軒に1軒」 東京に未婚者が一極集中

東京都庁(中央)と密集する都心の建物

 国立社会保障・人口問題研究所が、19日公表した2040年までの都道府県別世帯数の推計結果によれば、2040年に、全世帯に占めるひとり暮らし世帯の割合は、全国平均は39.3%、最も高い東京は48.1%に達する。

 今回の推計から浮かび上がったのは、2040年の東京は「2軒に1軒がひとり暮らし」というゆがんだ世帯構造になることだ。特に65歳以上の高齢者の独居は15年に約79万人だったが、40年には116万人と大幅に増加する。

東京は独居率の高さが際立つ

 背景にあるのは地方から東京への人口流入が続く一極集中と非婚化だ。18年の人口移動報告では、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県)は転入者が転出者より約14万人も多い。

 未婚化にも拍車がかかっている。15年の国勢調査では、50歳までに一度も結婚したことのない人の割合(生涯未婚率)が、東京都は男性26.06%(全国3位)、女性19.20%(同1位)。全国平均(男性23.37%、女性14.06%)を上回っている。

 「地方消滅」の著書がある増田寛也元総務相は「東京への一極集中の流れは残念ながら止まっていない。地方消滅の深刻さは一段と進んでおり、東京では貧困や格差で非婚が進んでいる状況は変わっていない。政府は地方創生に取り組んでいるが、改めてもう一回策を練り直す必要があるのではないか」と指摘する。

今日の毎日新聞記事です。
ほぼ現状でも2件に1軒が独り暮らしの状態ですね。
自分でかなり意識しないと1日中人と喋ることもなくテレビだけが話相手という生活を送っている方も多いのではないかと思います。
地域によって名称は違うと思いますが、各地域の包括支援センターや介護福祉課に地域で行われているサロンや体操教室、趣味に集まりなどの情報はありますが、自分で収集に行かないとあることすら知らない方が大勢いらっしゃいます。元気なうちに自分で積極的に収集して色々な集まりに顔を出してみてはいかがでしょうか?
「一緒に出かけてみない?」「一緒に行こうよ」と声をかけてくださるお友達や知人の方はいらっしゃいますか
孤独は自分で楽しむもの、でも孤立は自分を苦しめるものです。時には友達を誘って街に出てみませんか?
タイトルとURLをコピーしました